レコジャケ写真館

想い出のあの歌この歌 古賀メロディー

10インチです。

遂にたどり着いた。重鎮古賀政男。

全てがここに!丘を越えてなんて昭和6年とかザラです。全く素晴らしい日本のオリジナルなレコード。

戦前の日本のメロディーの感じからこんなに華やかだったんだろうか。

なにより丘を越えての木琴にしろ全てが素晴らしいイントロでブルっとくる。当時は外国から船で神戸とか横浜にくる楽団達から譜面を借りて書きうつして当時のジャズなんかを研究していたらしいすね。それでこんな独自の物ができたみたいだけどにしても全てが斬新だったらしい。今となっては普通のギターと2人で歌うスタイル影を慕いては画期的だったみたいす。

藤山一郎さん酒か涙か〜を録音して学校停学になってしまったようですな

昭和初期いい曲いっぱいです。

そして始まった大東亜戦争。

この頃のはなばなしさから一転。

世の中一斉に灰色になってほとんどの歌が軍歌に。。めんめんメガネなんて軍歌サンプリング知らなかった。でもおじいちゃんよく歌っていたな軍歌。

3月の東京大空襲もそうだけどこの季節になるともちろんヒロシマナガサキ終戦。

僕らの世代なんてなんも関わりなかったのにテレビで刷り込まれてるのか、幸いうちにはおじいちゃんいたから散々戦地のおはなししてくれたけど、今の目線で聞いてみたらまた違うだろな。たまに仕事柄、戦前からの日本を知ってるおばあちゃんとかに当時の話を聞くことがあるんだけどいろいろ。空襲でみんな逃げまわり防空壕にかくれたりとか目の前で父母焼かれて死んでいったとか悲しいのから私なんか警報でて真っ暗に街がなったら男んとこ隠れて遊び行っちゃってたね。とかすんごい人まで。。

昨日は太平洋の奇跡って映画を観ました。竹野内豊さんの主演でサイパンの日本の軍人さんのおはなしです。

実際の話だそうです。沖縄同様ただリゾート気分じゃないところだなと。

ただただ日本人てのは凄かったんだな。戦争人殺しはダメ絶対ですが、

だけど僕らの先祖さまの日本の人たちがアジアの人間の独立を果たしたように思えてきます。、

ただアメリカの軍事力がすごすぎたんだろな。。。

これだけの国なら心配なのかなんなのかのちにロズウェルに宇宙人くるよなと。。👽

話脱線でまだまだ戦後もいろいろな名曲でてきます。古賀メロディーを朝から聞けるとこまで自分の脳レベルが🧠🧠上がりつつ感激。

扇風機とクーラーから離れない令和元年現代のペットの犬。。ペットって言い方もなんだかなんで同居動物犬

Share on Facebook
[`yahoo` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る